5月21日

Be prepared.

これはアメリカ人ならみんなピンと来る言葉です。ボーイスカウトのモットーですから。これには定訳がありまして、それは:

備えよ常に

です。

ところで、横浜市の郊外にある「こどもの国」に、「無名のスカウト戦士の碑」というものがあるのをご存知でしょうか?

第二次世界大戦のさなか、南洋の戦場で、傷を負い動けなくなった米兵に日本兵が近寄ってとどめを刺そうとしました。その時、米兵はボーイスカウトの「三指の礼」を無意識に取ったのです。すると、驚いたことにその日本兵はボーイスカウト出身で、同じく「三指の礼」を返し、この米兵の傷の手当てをして去って行きました。同じボーイスカウト仲間であることがわかった以上、命を奪うことなどできないと考えたからです。

これがその碑です。史実に正確でないという批判があるらしいのですが、でも感動的な話ですよね。

この記事を書いた人

元永 徹司

元永 徹司

ファミリービジネスの経営を専門とするコンサルタント。ボストン・コンサルティング・グループに在籍していたころから強い関心を抱いていた「事業承継」をライフワークと定め、株式会社イクティスを開業して12周年を迎えました。一般社団法人ファミリービジネス研究所の代表理事でもあります。

詳しいプロフィールはこちら