6月11日

Chase rainbows.

本来、よい意味では使われないことが多い言葉です。「いつまでも夢を追いかけていてはダメよ!」みたいな文脈で使われるのです。ドイツ語やフランス語に類似の表現があるかと思い、わりと大きめの辞書を調べてみたのですが、ありませんでした。英語特有の表現ということになるのでしょうか。語源的にはドイツ語と一緒なのに。

このカレンダーの趣旨を汲んで訳すとなると、ポジティブにしないといけませんよね。

果敢に夢を追いなさい

でしょうか。坂本龍馬みたいでいいですね。

そうそう、この絵から連想させられるのは、京都、岩倉にある源光庵の「悟りの窓」。悟った後、なおかつ夢を追え、ということだとすると深いのですけど、それはそれこそ深読みに過ぎますかね。

 

 

この記事を書いた人

元永 徹司

元永 徹司

ファミリービジネスの経営を専門とするコンサルタント。ボストン・コンサルティング・グループに在籍していたころから強い関心を抱いていた「事業承継」をライフワークと定め、株式会社イクティスを開業して12周年を迎えました。一般社団法人ファミリービジネス研究所の代表理事でもあります。

詳しいプロフィールはこちら