6月30日

Mistakes are the best lessons.

直訳すれば「間違いは最高のレッスンだ」となります。

さて、error mistake はどう違うのでしょうか。 たいていの場合には相互に置き換えができますが、微妙な違いがあるとのことです。それは:

1)道徳上の誤りについては、mistake は使わない。

2)非難される度合いは、error > mistake

3)うっかりした誤りは error。 よく考えて間違うのは mistake

面白いですよね。今日の言葉が error ではなく mistake なのは、上の(3)に基づくものなのでしょう。うっかりミスを重ねたところで向上しませんよね。いろいろ考えた末に間違うのであれば、学びになるということですね。

ということで意訳すると:

手を尽くした末の間違いは、最高の学びの機会である。

ところで、ピサの斜塔からは何を学ぶことができるのでしょうかね?

 

この記事を書いた人

元永 徹司

元永 徹司

ファミリービジネスの経営を専門とするコンサルタント。ボストン・コンサルティング・グループに在籍していたころから強い関心を抱いていた「事業承継」をライフワークと定め、株式会社イクティスを開業して12周年を迎えました。一般社団法人ファミリービジネス研究所の代表理事でもあります。

詳しいプロフィールはこちら