7月10日

I accept the great adventure of being me. Simone de Beauvoir

ボーヴォワールの言葉です。直訳すると、

私は自分であるという偉大な冒険を受け入れる。

となります。なんだか明治時代の翻訳みたいですね。言わんとするところはわかりますが。

これはかなり踏み込んだ意訳が必要ですね(笑)。

自分に忠実である続けることは、それ自体が冒険であるけれど、私は敢えてその冒険に踏み出したい。

今も昔も、妥協せずに生きることは、それ自体が偉大な冒険に匹敵するということですよね。

ところで、ボーヴォワールにとって、サルトルと付き合ったことは良かったのでしょうか。これはまったく個人的な感想なのですが、私はけっこう疑問なのです。

 

 

この記事を書いた人

元永 徹司

元永 徹司

ファミリービジネスの経営を専門とするコンサルタント。ボストン・コンサルティング・グループに在籍していたころから強い関心を抱いていた「事業承継」をライフワークと定め、株式会社イクティスを開業して12周年を迎えました。一般社団法人ファミリービジネス研究所の代表理事でもあります。

詳しいプロフィールはこちら