7月28日

Its never too late.

思い出すのは John Holt さんの本。 初老になってチェロを始めた話なんですけど、とても感動的です。オススメ。

私はと言うと、9月からラテン語の勉強を再開することにしました。再開って、いつ以来かというとですね、駒場の1年生のとき以来です。国立ラボ(「こくりつ」ではなくて「くにたち」)というところに通って、本来は4月からスタートするはずだったんですがコロナ禍で開講されないことになってがっかりしたんですが、ついに9月から Zoom で始まることなり、嬉しい。

さて、訳しましょう。

何事も、遅すぎるなんてことはない!

この記事を書いた人

元永 徹司

元永 徹司

ファミリービジネスの経営を専門とするコンサルタント。ボストン・コンサルティング・グループに在籍していたころから強い関心を抱いていた「事業承継」をライフワークと定め、株式会社イクティスを開業して12周年を迎えました。一般社団法人ファミリービジネス研究所の代表理事でもあります。

詳しいプロフィールはこちら