8月6日

The flower doesnt dream of the bee.  It blossoms and the bee comes. Mark Nepo

Wikiによれば、Mark Nepo さんは詩人で、かつスピリチュアルの分野にも著作の多い方だそうです。Opra Winfry に高く評価されて脚光を浴びたとのこと。1951年生まれで、まだまだ現役です。

直訳すれば、

花は蜂を夢見るわけではない。花が開けば、蜂は来るのだ。

となります。とくにクリエイティブな職種の人には示唆の深い言葉かと思います。

意訳しますね。

ウケ狙いはダメ。自分の才能が開花すれば、世の中が寄って来る。

実際、そうなんだろうなあと思います。

この記事を書いた人

元永 徹司

元永 徹司

ファミリービジネスの経営を専門とするコンサルタント。ボストン・コンサルティング・グループに在籍していたころから強い関心を抱いていた「事業承継」をライフワークと定め、株式会社イクティスを開業して12周年を迎えました。一般社団法人ファミリービジネス研究所の代表理事でもあります。

詳しいプロフィールはこちら