「世界一まずい飴」は本当に不味いのか?〜私的サルミアッキ・キャンペーン実施中

フィンランドを代表するお菓子といえば、誰が何と言おうと、サルミアッキです。ところで皆さん、食べてみたことはありますか?

 

サルミアッキ。フィンランドでは普通に売られているものなのですけれど、国外での評判は最悪。関西の人気番組「探偵ナイトスクープ」では、「世界一まずい飴」として取り上げられたとか。(私はその回を観ていないので、なんとも言えませんが)

サルミアッキの実物はこんな感じです。

1円玉と比較すると大きさをおわかりいただけるかと。

成分はリコリスと塩化アンモニウムです。リコリスは漢方薬の甘草の仲間ですが、サルミアッキはリコリスの根を煮詰めて使うのだそうです。

お味は確かに独特です。 私は結構いけると思っているのですけれど、先日の京都での試食結果は次のようなものでした。

20代ソムリエール: これ、どこが美味しいんですか?

もうひとりの20代ソムリエール: 歯にくっついて取れないので、歯を磨いてきていいですか?

30代セラピスト: 私、これ無理です。

40代シェフ: こんなん、ほんとにフィンランドの皆さんは食べてはるんですか?

うーむ。みんな、わかってないね。

しかし。 京都を代表するシャンパンバーの社長ソムリエは、

「黒蜜、ですかね」

と全員の意表をつくコメント。 欲をいえば、「神の雫」のような描写的なコメントを期待していたのですけれど…

 

しばらくの間、常に持って歩くことにしますので、私に会った時に試してみたい方は申し出てください。 新しい世界が開けますよ。

タイトルの写真が、そのサルミアッキのパッケージです。まあ、これは Super がついていますので、若干強力ではあるのですけれど。

この記事を書いた人

元永 徹司

元永 徹司

ファミリービジネスの経営を専門とするコンサルタント。ボストン・コンサルティング・グループに在籍していたころから強い関心を抱いていた「事業承継」をライフワークと定め、株式会社イクティスを開業して12周年を迎えました。一般社団法人ファミリービジネス研究所の代表理事でもあります。

詳しいプロフィールはこちら