9月12、13日

Always walk through life as if you have something new to learn, and you will. Vernon Howard.

この方はアメリカの著名なスピリチュアルの専門家とのことです。Wikiによれば著書は22冊。1992年に亡くなっています。

言われていることは突飛な話ではなく、至極まっとうなことであるように思います。

ちょっとだけ意訳しますか。

人生を歩むに際しては、いつも何か新しく学ぶことを探しているかのように振る舞いなさい。そうすると、実際に学ぶことが見つかるから。

この記事を書いた人

元永 徹司

元永 徹司

ファミリービジネスの経営を専門とするコンサルタント。ボストン・コンサルティング・グループに在籍していたころから強い関心を抱いていた「事業承継」をライフワークと定め、株式会社イクティスを開業して12周年を迎えました。一般社団法人ファミリービジネス研究所の代表理事でもあります。

詳しいプロフィールはこちら