10月1日

Keep a spark.

spark は「火花」です。

直訳すると、「火花を保て」となりますが、これだと面白くもなんともありません。

意訳しましょう。

煌めき続けろ

ロシア語での spark は「イスクラ」で、ロシア革命前のボリシェヴィキの機関紙の題名でもあります。後年、毛沢東が人民解放軍の戦史として「星火燎原」を書きますが、その際にはこのイメージがあったのではないでしょうか。

この記事を書いた人

元永 徹司

元永 徹司

ファミリービジネスの経営を専門とするコンサルタント。ボストン・コンサルティング・グループに在籍していたころから強い関心を抱いていた「事業承継」をライフワークと定め、株式会社イクティスを開業して12周年を迎えました。一般社団法人ファミリービジネス研究所の代表理事でもあります。

詳しいプロフィールはこちら