10月21日

Cerebration is the enemy of art.  You just do it. Martin Ritt

Martin Ritt さんは社会派の映画監督。「暴力波止場」という作品で有名とのことなんですが、私は映画に暗いのでよくわからず若いころにいわゆる「赤狩り」の犠牲になったこともあり、反体制的なメンタリティの人であったようです。

さて、cerebration とは何でしょう。celebration (祝典とか祭典という意味)ではありませんよ。r l では大きな違いがあります。語源は cerebrum、つまり大脳です。ですので、cerebration の文字通りの意味は、大脳の活動のこと。転じて、考えること、思索すること、という意味になります。

意訳しますね。

あれこれ考えこむことは芸術の敵だ。ただひたすら創造するんだ。

なんだか岡本太郎さんみたいですね。

この記事を書いた人

元永 徹司

元永 徹司

ファミリービジネスの経営を専門とするコンサルタント。ボストン・コンサルティング・グループに在籍していたころから強い関心を抱いていた「事業承継」をライフワークと定め、株式会社イクティスを開業して12周年を迎えました。一般社団法人ファミリービジネス研究所の代表理事でもあります。

詳しいプロフィールはこちら