5月15、16日

You deserve flowers.

あなたは花を贈られるにふさわしい

と訳すか、

あなたこそ、花を贈られるにふさわしい

とするか。おそらく実際の局面では、You にストレスを置いて発音することになると思うので、後者を採用したいと思います。

あなたこそ、花を贈られるのにふさわしい。

これは、一種の「殺し文句」ですよね。

この記事を書いた人

元永 徹司

ファミリービジネスの経営を専門とするコンサルタント。ボストン・コンサルティング・グループに在籍していたころから強い関心を抱いていた「事業承継」をライフワークと定め、株式会社イクティスを開業して12周年を迎えました。一般社団法人ファミリービジネス研究所の代表理事でもあります。

詳しいプロフィールはこちら