7月18、19日

Do it for yourself.

Do it yourself という言葉はあまりにも有名ですが、歴史的な背景があることは今回調べてみるまで知りませんでした。

第二次大戦中の空襲で荒廃したロンドンを復興させるにあたって、復員してきた人々が政府任せにせずに自分たちでやろうという国民運動を起こし、その標語が Do It Yourself = D.I.Y. であったのだそうです。「新しい公共」の魁のようにも思えますね。

さて、今日の言葉はそれに for を加えたものですが、意味が変わって面白い。

for が入ることによって、自分のために仕事をしなさい、つまり、やらされ感で仕事をするなという意味になってきます。

意訳しますね。

何事も、こなせば自分に残るものがある。

この記事を書いた人

元永 徹司

元永 徹司

ファミリービジネスの経営を専門とするコンサルタント。ボストン・コンサルティング・グループに在籍していたころから強い関心を抱いていた「事業承継」をライフワークと定め、株式会社イクティスを開業して12周年を迎えました。一般社団法人ファミリービジネス研究所の代表理事でもあります。

詳しいプロフィールはこちら