12月21日

The most wonderful time of the year.

クリスマスに向けての週の始まりですから、たしかにそうかもしれませんね。

wonderful は「素晴らしい」と訳しますが、wonder full なわけですから、「不思議なことに満ちていて素晴らしい」ということですね。この季節だと、ヘンデルのメサイアを連想することは不可避です。そう、wonderful counselor。これは旧約聖書のイザヤ書9章6節の引用で、新改訳だと「不思議な助言者」と訳されます。

今日の言葉の訳は、あまりいじらないことにいたします。

一年で、一番素晴らしい時のはじまり。

メサイアの該当部分を貼っておきます。昨年亡くなった Sir Colin Davis とロンドン交響楽団の演奏。Sir Colin が歌いながら指揮しているんですけれど、とても良い演奏です。

この記事を書いた人

元永 徹司

ファミリービジネスの経営を専門とするコンサルタント。ボストン・コンサルティング・グループに在籍していたころから強い関心を抱いていた「事業承継」をライフワークと定め、株式会社イクティスを開業して12周年を迎えました。一般社団法人ファミリービジネス研究所の代表理事でもあります。

詳しいプロフィールはこちら