1月1日 元日

Time is now.

素直に訳せば、

時は今

となります。明智光秀の有名な連歌(愛宕百韻)の「ときは今 あめが下知る 五月かな」を連想された方もおありかと思います。

time には何の説明も無いので、何をすべき時であるのかは、それぞれの人の想いに任されているということですよね。

年頭ですので、それらしくちょっと意訳します。

始めるなら、それは今

12月の最終日曜日、そろそろ本能寺の変だろうと思って久しぶりに「麒麟が来る」を観たのですが、まだ丹波攻めの段階でした。最終放映日は2月7日なんですね。知りませんでした。おそらく、本能寺の変を描いて終わるのかと予想しているのですが、さてどうなるか。

この記事を書いた人

元永 徹司

元永 徹司

ファミリービジネスの経営を専門とするコンサルタント。ボストン・コンサルティング・グループに在籍していたころから強い関心を抱いていた「事業承継」をライフワークと定め、株式会社イクティスを開業して12周年を迎えました。一般社団法人ファミリービジネス研究所の代表理事でもあります。

詳しいプロフィールはこちら