1月8日

Be ruthless in your letting go.

let go は「手放す」とか「捨てる」という意味です。

私が育った海運業界でこれは日本語化していて、「アンカーをレッコする」というように使ってました。「錨をおろす」という意味です。「ゴミをレッコする」とかも言ってましたね。

ruthless は本来は「無慈悲な」という意味です。ruth が「哀れみ」とか「同情」を表す古語であるからです。

今日の言葉は、考えようによっては怖いです。キツく意味をとると、

捨て去る時には、無慈悲にね。

と訳すことができますからね。男女関係を想定すると、うーむ、と唸らされます。

私はマイルドに意訳することにします。

どうせ捨てるんだったら、思い切りよく手放しましょう。

断捨離、ですかね。ここで蛇が描かれているのは、おそらく脱皮を連想しているのだと思います。古い自分を思い切りよく捨てて、新しい自分に変わろうよ!ということでしょうか。

この記事を書いた人

元永 徹司

元永 徹司

ファミリービジネスの経営を専門とするコンサルタント。ボストン・コンサルティング・グループに在籍していたころから強い関心を抱いていた「事業承継」をライフワークと定め、株式会社イクティスを開業して12周年を迎えました。一般社団法人ファミリービジネス研究所の代表理事でもあります。

詳しいプロフィールはこちら