2月25日

Go with the flow.

flow は「流れ」という意味。直訳すれば、

流れに身を任せなさい。

という、何とも消極的な話になってしまいます。それはちょっとこのカレンダーには似合いません。

ここでの flow は高名なチクセントミハイ先生が言うところの、「時を忘れるくらい、完全に集中して対象に没入している状態」を意味していると考えるのがよいかと思います。この意味だと、日本語化して「フロー」と呼ばれていますので、それを使って訳します。

フローに身を任せなさい。

ところで、チクセントミハイ先生の名前は Csikszentmihalyi と綴りますから、本来はチクセンミハイーとお呼びするのが正しいと思うのですよね。t はとても弱く発音される筈ですから。

ちょっと脱線しますが、私がすごく違和感を感じる言葉が、「ストレングスファインダー」。strength は「ストレンス」です。「ストレングス」ではありません。初期にこの概念を導入した人が、辞書を確かめる努力さえ怠った結果、この誤った発音が市民権を得てしまっているんですよね。嘆かわしいことです。

この記事を書いた人

元永 徹司

ファミリービジネスの経営を専門とするコンサルタント。ボストン・コンサルティング・グループに在籍していたころから強い関心を抱いていた「事業承継」をライフワークと定め、株式会社イクティスを開業して12周年を迎えました。一般社団法人ファミリービジネス研究所の代表理事でもあります。

詳しいプロフィールはこちら