3月17日

Here for the shenanigans.

今日はセント・パトリックス・ディ。アイルランドにキリスト教を布教した聖人に由来するお祭りで、アメリカではアイルランド系の人々が大騒ぎします。アイルランド系というと、ちょっと変わった面白い人が多いという印象がありますが、その一方で警官や消防士といったような厳しい職務についている人もたくさんおられます。 FBI は、Fully Booded Irish の略であるというジョークがあるくらいです。

シカゴではこの日、市内を流れるシカゴ川にバスクリンを投入して緑に染めるのがお約束。こんな感じです。

うしろに映っているのは有名なマリーナ・タワーですね。

さて、shenanigans とは「いたずら」とか「悪ふざけ」という意味で、これもアイルランド起源の言葉です。Here for ~ は、「~のためにここにいる」という意味です。

直訳すると

いたずらのためにここにいるのさ。

となりますが、それだとあまりにもつまらない。梁塵秘抄を踏まえて意訳します。

悪戯せんとや生まれけむ。

この記事を書いた人

元永 徹司

ファミリービジネスの経営を専門とするコンサルタント。ボストン・コンサルティング・グループに在籍していたころから強い関心を抱いていた「事業承継」をライフワークと定め、株式会社イクティスを開業して15周年を迎えました。一般社団法人ファミリービジネス研究所の代表理事でもあります。

詳しいプロフィールはこちら