6月10日

Theres room for all of us at the top.

直訳すると、

頂上には私たちみんなのための余地がある。

となります。「食うか食われるか」のゼロサム的な世界観を否定するメッセージですね。

そのことを念頭に置いて、意訳します。

この世界は豊かである。みんなが成功しても乏しくなって困ることはない。

これは聖書的世界観ですね。

この記事を書いた人

元永 徹司

ファミリービジネスの経営を専門とするコンサルタント。ボストン・コンサルティング・グループに在籍していたころから強い関心を抱いていた「事業承継」をライフワークと定め、株式会社イクティスを開業して15周年を迎えました。一般社団法人ファミリービジネス研究所の代表理事でもあります。

詳しいプロフィールはこちら