8月20日

Be intolerant of intolerance

言葉の遊びのように見えますが、本質をついていると思いますし、とても大切なことかと。

これは直訳調に訳す方がよいですね。

不寛容に対しては、不寛容たるべし。

括弧つきのリベラルの方々の問題は、総じて反対意見に対して不寛容であることですよね。本来、民主主義の根底には価値相対主義があるべきだと私は思うのですが。

この記事を書いた人

元永 徹司

元永 徹司

ファミリービジネスの経営を専門とするコンサルタント。ボストン・コンサルティング・グループに在籍していたころから強い関心を抱いていた「事業承継」をライフワークと定め、株式会社イクティスを開業して12周年を迎えました。一般社団法人ファミリービジネス研究所の代表理事でもあります。

詳しいプロフィールはこちら