1月25日

Put the kettle on.

直訳すれば、「ヤカンをかけろ」。これには背景があって、それはマザーグース。(私も調べて知ったのですが…)

Polly put the kettle on,

Polly put the kettle on,

Polly put the kettle on,

We’ll all have tea.

というのがあるんです。

月曜日は仕事の週の始まり。ついつい時間に追われるモードになりがちですが、そこは落ち着こうよ、ということなのでしょう。ですので、マザーグースを踏まえて意訳しますね。

慌てず、お茶を飲んでから取り掛かろうよ。

この記事を書いた人

元永 徹司

ファミリービジネスの経営を専門とするコンサルタント。ボストン・コンサルティング・グループに在籍していたころから強い関心を抱いていた「事業承継」をライフワークと定め、株式会社イクティスを開業して12周年を迎えました。一般社団法人ファミリービジネス研究所の代表理事でもあります。

詳しいプロフィールはこちら