7月2日

Everythings better at the beach.

これはもう素直に訳すしかないでしょう。

ビーチでは、なんでもうまくいく。

バリ島を訪れたとき、現地の人は本来は海に近づくのを好まないと聞きました。その結果、海岸沿いの土地は二束三文で、大規模リゾートの開発が容易であったとのこと。日本でも海水浴が始まったのは明治以降です。ビーチがにぎわうようになったのは第二次大戦後。面白いですよね。

この記事を書いた人

元永 徹司

ファミリービジネスの経営を専門とするコンサルタント。ボストン・コンサルティング・グループに在籍していたころから強い関心を抱いていた「事業承継」をライフワークと定め、株式会社イクティスを開業して12周年を迎えました。一般社団法人ファミリービジネス研究所の代表理事でもあります。

詳しいプロフィールはこちら